2013年12月26日木曜日

2014年を迎える今

 日本の暮れは忙しい。クリスマスが終わるとすぐにお正月用の飾りへと変えるのは 何やら勿体ない気分です。
と言うわけですが 我が家でもささやかながらこの変化を行いました。
写真は、毎年 こんな飾りを送って下さる長い長い友人の まり うえださんからの 愛らしい「おかざり」です。

 こうして気分は 「2014年へと向かう」と 改めて「これからするべき事」が次々と思われます。

 先ずは 目下手掛けている本の完成・出版。

多分題名は「愛される生きかた」となるでしょう。数年前に出した本「たたかわない生き方」が4刷迄行った為、その第2段として依頼されたものです。

若い女性が職場で壁にぶつかり悩んで居る事の多い現代社会。「そんな女性が出勤電車の中で立ち読みできるように」と書いたのが1冊目「たたかわない生き方」でした。
 今回の本にも 同じ様な考えが有りますが、加えて外観の魅力や愛されるポイント等を
美容ジャーナリスト・加藤智一さんのご協力で加えました。
順調に行けば発売は3月頃でしょう。

もう1冊は私自身の歩んできた道を振り返り、祖父母の事から始まり 娘・孫たちへの想い等書く 或る種、自伝的なものです。何しろ 長い長い道でしたので沢山の方々のご協力の元、進めてまいります。
とても有り難い事に、沢山の方達が御協力下さり 今や「私自身の考えを超えた素晴らしさ」へと進みそうです。
未だいつ完成するのか分かりませんが、今感じるのは、 何故こんなにまで多くの方々が積極的にサポートして下さるのか・・・只感謝するのみ。

こんな素晴らしい歓びで、2014年を迎える事が出来るとは!!!
忙しさだけで動き回って来た「若い日々」には 感じたことも無い 大きな感謝と歓びです。

 「此の素晴らしい幸せ感」が 皆様のもとにも届けられます様に 心より願って居ります。                          大内順子


2013年12月13日金曜日

化粧品の肌トラブル

 やっと治ったから言える事ですが、化粧品に依る肌トラブルの怖しさを実感した私です。

 何時も使い慣れたロレアルの美容液が無くなり、百貨店に出掛けたものの どうやら限られた店のみでの扱い製品らしく、見当たりません。
化粧品フロアーに「化粧品専用案内担当」の存在を知ったのは 驚きでしたが、「分かったのは 百貨店では扱って居ない事、近くで買えるのは○○美容院」。
 でも、どう考えても 美容院に化粧品だけを買いに行くのは気が引けます。

 困り果てて居たその時、何と届いた宅急便の中に お付き合いの無い化粧品会社から包み。開けると「新製品の美容液」との事。
「地獄に仏」とばかり、大喜びで早速使った私でした。

所が翌朝、鏡に映った自分の顔に、ビックリ仰天!!!
顔中赤く あちこちにニキビ状の出来ものが沢山出て居るでは有りませんか!!!

 パッチ・テストもせずに 大喜びで使用した 自分の愚かさを 後悔しても 「後の祭り」。どうにもなりません。

 全治する迄の 10日間程は どこに出かけるにもマスク。
お食事のお誘いはすべてキャンセルする始末でした。

 やっと治った今、改めて自分の愚かさを思い、ロレアルの方にお願いして送って頂く等、とても慎重になった私です。

昔は「私の肌は強いの」と自慢して居た事が、思い出され、年齢のせいか、何のせいか、ともかく とても慎重になった私です。

白斑問題等 顔肌に関するトラブルは、心まで暗くさせます。
どうぞ皆様 くれぐれもご注意くださいませ。

最後にロレアルの方々には何とお礼を言えば良いやら。今は安心して、大好きな化粧品を使い、安心と共に過ごして居ります。

そして全ての傷跡も消え いつもの肌に戻る事が出来ました。

2013年12月4日水曜日

ルイ・ヴィトン新宿店オープン


20131129日 ルイ・ヴィトンの新宿3丁目交差点の店オープン。
その前夜、プレスを始めとする関係者への お披露パーティーが催されました。
先ず目に飛び込むのは、ソフィア・コッポラデザインに依る色彩豊かなウインドウ・ディスプレイ。

全体は2階建。1階は レディース アイテムを中心にシティー アイテム、革小物、アクセサリー類等をラインアップ。
目を奪うのは 高い吹き抜け天井から下がった 不思議なフィギュアのシャンデリア状の光。
韓国人アーティスト・ス・ドホによる作品とか。
其れは42000体の アクリル樹脂製の小さな人型のつながり350本とか。
何とも不思議な光、柔らかで やすらぎムードを店内に 広げている。

螺旋状階段を上った2階にはメンズアイテムを始め、や靴、レディースプレタポルテ等が見られます。

創業150年以上のルイ・ヴィトン社。

これを機会に 新宿のにぎわいが更に大きく拡がる事でしょう。

 そして、望みたいのは、オリンピックまでに、JR新宿駅からこの地下鉄新宿3丁目、更には新宿御苑までが 地下道で繋がり、伊勢丹、そしてこの店へと雨にぬれる事無く来られる事でしょうか。
 新しい東京の未来を考えさせてくれた、ルイ・ヴィトン新宿店のオープンでした。 






2013年11月27日水曜日

家庭画報×ピアジェ取材で香港へ

  家庭画報1月号で是非ご覧いただきたいのが 香港で取材したピアジェの
最新作「ジュエリー時計」の数々!!

その美しさ、緻密な職人技の生み出す模様等、時計という枠内ではとても予想出来ない美しさ、見事さ!!
多くの素晴らしい宝石類を観て来た私にとってさえ それらは全てが 正に驚きでした。

その写真は 間もなく店頭に並ぶ 「家庭画報1月号」でも 御覧頂きたいと願っていますが、此処にもその一端を御紹介しましょう。
 
テーマ“MYTHICAL JOURNEY”は 中国からスタートしインドへと行く アジアの国 正にシルクロードへと出発する この旅です。

それぞれの国のシンボルの絵柄(建物や動物・花)を ピアジェが誇る 最高の技術者達の職人技で見せてくれます。
時計表面に見られる 細かいモザイク状に埋め込まれた模様だけでなく、リュ―ズを囲む側面にまで この模様が描かれている 驚きと見事さ!!

正に息を飲む 素晴らしさ!! 美しさ!!

 シンボルとして描かれた動物の中に観られる「馬」。
之は単に2014年が午年と言うだけではなく、「汗血馬」と呼ばれる特殊な馬。
暑さに強く その走りは大変な早さ。
其の昔 漢の軍隊がモンゴルの騎馬軍団に追いつけず 戦いに負けたのは、此の馬を持って居なかった為と言われて居ます。
 漢はやがて 大金を支払い 此の馬を手に入れ、戦いに勝利したとか。
此の馬は日照りの中で 血の汗をかきながら 凄い速さで走った為 此の名で呼ばれて居ます。
そんな歴史を知れば 一層興味をかき立てられる 今回の取材でした。

特に 私に取り最高の幸せは この取材メンバーと 過ごした楽しさ。
ピアジェ・コミュニケ―ション部の今井さん、家庭画報編集部の森内さん、
そしてカメラの森山君・通称モーリー、そして私の4人。

 年齢も 立場も 全く違う4人ですが、不思議な程に楽しく、幸せ。
笑いの絶えない時間を過ごしました。
と言っても、のんびり、只感激し、支えて頂いたのは私だけ。後の3人は其々に忙しく仕事をこなし、より良いページを創る事に懸命。


 出発当日は「折悪しく台風到来の為、香港に着けず 台湾に行く可能性もあります」とのアナウンス。
 けれど、私も含めて全員が「晴れ女と晴れ男」。大丈夫と信じて出発しました。

案の定、何の揺れも無く 無事香港到着!!
宿泊した香港島サイドの マンダリン オリエンタル ホテルのアーケードには 世界最大と言われるピアジェの店があります。
其処に並べられたのが初公開の この凄い時計達でした。

 それも、パリ経由でスイスから到着したばかりとの事。
その素晴らしさの一端を写真でご覧下さい。

そして同時に「家庭画報」1月号で更に詳しく 是非ご覧いただきたいとお願い致します。


2013年11月13日水曜日

国技館でMAX MARAのショー

 イタリーの 世界の 人気ブランドMAX  MARAが 国技館でショーを行った。
名付けて“MARVELOUS  MAX  MARA  IN  TOKYO

神様の宿る土俵の上に大きなステージを組み、土俵の周りをモデル達が歩く形でのショ―。
神様に敬意を表しながらも、段々状の席には千人を超える観客全てが 作品をしっかりと見えるしつらえの 広い会場。
上を仰げば土俵の屋根、其の上に 歴代横綱達の写真が 会場を見降ろして居る。
正に「これぞ 純日本!!」と言える素晴らしさと広さを持つこの会場!!
「日本の伝統的な競技・相撲の聖地・国技館に敬意を表して選んだ」とか。

所で 私に取り 当日お目に掛りたい人が有った。
それはMAX  MARA社のオーナーであり、現会長であるルイジ・マラモッティ―氏。

かつて ミラノから離れた地の MAX  MARA社に 幾度訪ねたことか・・ 

巨大な歴史的建造物の家(その部屋数、百何十室。モダンアート絵画や美術品で どの部屋も飾られているこの「御城の様な家」にも伺ったし、日常 生活されている御宅にも お食事に招いて頂いたもの。
後でPRの人に聴けば ご自宅にマスコミ人を招くのは私が初めてとか。
何年振りかでお目に掛りたい・・・と願った私だったが 超短期間・超多忙の彼に申し訳ないと思いつつも PRの篠田さんに 御無理なお願いをした私。

 当日国技館に入ると 何とルイジ氏が 入口に立って居られ、にこやかに来て下さったのは驚き!
一瞬に 長い年月は飛んでしまった。
「変わらずに何時もエレガント!!」と イタリア紳士らしい褒め言葉も添えて 懐かしげに話される彼。「貴女は本当の パイオニア!!」と。
昔と 全く変わらず 長身でハンサムな彼 ルイジ・マラモッティ―会長!!
 何とも嬉しい瞬間だった。

 今回の大イヴェントには 「日本上陸25周年」を記念し、同時に銀座3丁目の銀座MAX MARA店(450㎡)のリニューアル・オープン。
更にはこうした事に依り、「日本の方々に 本物のMAX MARAの魅力を体験して欲しい・・」との願いを込められたとか。

 MAX MARAが行う大イヴェントは 数年前の「コ―ト展」以来の事。
彼らの 日本への 強く大きな想いが感じられる。

作品は3部構成。
・春を感じさせる美しい色彩とシンプルなデザインで素材の素晴らしさを実感させながら、ストラヴィンスキーの「春の祭典」をモダンにイメージした作品。
・クラシックとアヴァンギャルドの出会い。新ミニマリストのエレガンスに注目し、モノクロルックでは全身を完璧にコーディネイト。
・イヴニングライン「エレガンテ」。此処には 白、黒 ゴールド等のイヴニングドレスや 新感覚のタキシードなど・・・

そしてフィナーレ。 総勢47名のモデルが着る 白のトップスにMAX MARAらしい 美しいカラ―のロングスカートが ズラリと並ぶ その見事さ!!!

大拍手で終わったショ―の後に 続くパフォーマンスでは 
「現代のビリー ホリデー」「ブルースとジャズの魂を持つ歌手」として知られる英国人パロマ・フェイスの強烈な歌。

夜更けの冷気が 心地良く 何時までも心に残る歓びを味わったこの夜だった。

2013年11月9日土曜日

映画「マイヤーリング」

 日本未公開のオ―ドリー ヘップバーン作品!

 正に“妖精”其のもの!!  若き日のオ―ドリー!!
劇中、演じるのは「17歳の男爵令嬢マリ―」。
お相手は当時の結婚相手、メル ファーラ―。
彼が演じるのは「19世紀後半のハンガリー帝国皇太子・ルドルフ」 これが また格好良いのです!

物語は 歴史に刻まれた実際に起きた事件。

この作品が製作されたのは 19572月。TV用のドラマでした。
 未だヴィデオが 存在しなかった時代だけに 全ては生で演技をし、放映されたとか。
何週かに亙って継続し、人気を集めた作品という伝説だけが残って居たもの。

いつしか 伝説化して居た作品が、何と 当時の“キネスコープ”で残されて居たのが発見された!!
 其のマスターを 最新のデジタル技術で復元。
正に大発見と言える この作品。アメリカ以外では 誰も観た人の居ないこの
作品、若き日のオ―ドリーとメル ファーラ―演じる ドラマです。


 物語は1881年のオーストリア=ハンガリー帝国で。
皇帝フランツ ヨーゼフ1世の元 国は繁栄していたが、父王の厳しさに反抗しながらも、望まない結婚をし、放蕩に明け暮れて居た皇太子・ルドルフ。

 「この世には清らかな女など居ない! 私に近づく誰もが求めるのは お金や地位、財産だけ・・・」と空しさを嘆いて居た彼が 在る日、偶然出会ったのが 清純な乙女・マリ―。

 この日以来 彼はマリ―を忘れられない。
そんな時 オペラ座で向かい側の桟敷に座るマリ―を発見し、男爵令嬢である事を知ります。
 一方、相手が誰か知らないでいたマリ―も、熱い愛の眼差しで見つめるルドルフに、そして彼が既婚の皇太子である事に 戸惑いながらも惹かれて行きます。

常に王の監視達に付きまとわれるルドルフですが マリ―へ想いは止められません。
教会の礼拝堂まで追いかけ、愛を告げるルドルフ。

 皇太子妃の主宰する舞踏会では 最初のダンスをマリ―に申し出る彼。
二人は監視の目を逃れながら、短時間でも 毎日会い続けます。
清純なマリーに もう引き返せない自分を知るルドルフ。

 さてこの二人の悲恋、その結果は?

歴史に残るこの事件を 素晴らしい妖精・オ―ドリーが演じる!!

絶対に見逃せないこの作品。観終わった私は何時までもこの二人の悲恋
とオードリー、メルの二人を 忘れられない想いです。

14日特別限定公開!!
TOHOシネマズ
www.mayeerling.jp
 

2013年10月30日水曜日

映画「ファイアby ルブタン」

 今や人気絶頂の フランス人・靴のデザイナー クリスチャン・ルブタンが 何と あのパリのキャバレー「クレイジー・ホース」の演出を期間限定で行った。その「注目ステ―ジの映画化」がこの作品。

パリを訪れる観光客を始め、多くの人々が熱中するそのステージは 単なるストリップとは全く違う、正にアートと言える美しさ。

1951年に開場して以来、此処を訪れた観客数、600万人以上とか。
場所はシャンゼリゼからセーヌ川方向に延びる道・ジオルジュサンク通リのアルマより左手に 昼はひっそりと建っているが 夜ともなれば、多くの男女客達が次々と この建物に吸い込まれてゆく。

 この上なく美しい女性の身体。露わにされた丸いバストは 柔らかに揺れ くびれたウエストから長い脚へ。後ろを向けばヒップラインが丸く突き出され
全てが曲線で構成された女体の 怪しい程の美しさ!!
 音楽に合わせて様々なライトが更なる美しさへと盛り上げる。

 幼いころから女体の美しさに魅了されてきたという クリスチャン・ルブタン。
「フランス人の常として、あらゆる依頼には 必ず“ノン”と答えるが、此のクレイジー・ホースからの場合だけは全く別だった。直ちに“ウイ”と答えてしまった」と言う彼。

所で私が初めて彼 ルブタンに会ったのはもう10数年前の事だった。
こじんまりした店の奥から出て来た彼は まだ無名に近い存在ながら 老舗ネクタイ店と 共の生地を使用した靴を創るなど、独特のアイディアが面白かった。 当時私と同じ仕事をしていた娘・彩が雑誌の為に彼のインタビュウを依頼され、その後 靴をオーダーした時、娘に付き合い 私も1足オーダーした記憶が有る。

今や世界的に多くのファンを持つ彼。
靴への執着は 「服を脱がせる靴」へと昇華し 生まれたのがこのステージだったのかもしれない。
 
女体の曲線美を存分に楽しみたい方には 見逃すことのできないこの作品、
「ファイア BY ルブタン」だと言える。



2013年10月20日日曜日

“MISSONI” ショ―と 東京ファッションウイーク開始


10月14日 渋谷・ヒカリエのホールでイタリアのデザイナー・アンジェラ・ 
ミッソーニのショ―及び、2014年春夏コレクション「メルセデス ベンツ ファッション ウイーク 東京」の発会式が行われた。

 Mercedes-Benz というタイトルスポンサーに始まり、ロレアル、メイベリン
DHL,ダッサイ等の オフィシャル スポンサー、さらにスぺシアル サポーティング パートナーとして ヒカリエ ShinQs等。そしてサポーティング パートナーとして マスコミ各社、アパレル関係、繊維関係等の名がずらりと並んでいる。
 しかもこのイヴェントと並んで行われる都内各地で行われる様々なイヴェントが説明された小冊子が会場に数多く置かれている。

 その細やかな配慮、しっかりした情報。印刷物に付けられたNET検索アドレスも加えられ 完璧と言えそう。さすが日本!!

 当日先ず行われたミッソーニ コレクションの会場でも それは大きく感じられた。
しっかり作られたカメラマン用のスペース。TV、カメラマン等争う必要無く
撮れる様に 段々が造られている。
カメラマン達の数もパリ程では無いにしろ かなりの多さである。

 場外で待って居る時、私にとっては面白い事が有った。
どこかの国の若い男性が近くに来るなり「貴女の事 知っている・・」と。
多分パリかミラノのコレクション会場で観たのかと聞くと「ファッション通信」と言う。
「貴方 何処から来たの?」と聞くと、何と「ブラジル」。
重ねて「ファッションウイークの為に?」と尋ねると答えは「勿論!!」
しかも「一緒に写真を撮って欲しい」と。
やがて会場内で席に座った時、再び彼が現れ「之をあげるよ!」と手にした大判のショールを私の肩にかけて呉れ、又写真撮影。

世の中には面白い事が有るものだと思うと共に 改めて日本の完璧な秩序正しさや配慮に感動した。

ショーの後 アンジェラに会うと 懐かしげに来て強いハグ。
その昔、未だ彼女の父上。オッタビオが生きて居られた頃、娘・彩と共に雑誌の為にご自宅を訪ねたことがあった。
其の時は庭でピクニックをしたり、母上ロジータさんなど大家族全員とお食事したり・・
 一家全員と一緒に撮った写真をじっと眺めて居た彼女。改めて父上の偉大さを 想い起こしたに違いない。

 想えば アジアのファッションを日本が中心となり 世界に発信する事は私の夢でもあった。
 1987年に出版した「FASHION・流れと人」や95年に書いた「パリコレの最前列から」でも巻末にこの夢を書いて居る。
其れが正に実現した今、只嬉しく感動した私だった。